引っ越しや長期出張等の場合、自家用車を持っていける場合は問題ありませんが、行先が海外だったりした場合はやはり売却をと考えるでしょう。

どこかに預けておくと言う選択肢もありますが、その間も自動車税などかかるわけですから、よほどの愛着のある車以外は売却したほうが面倒がないと言えます。

またどうしてもすぐにお金が必要な場合も、自分の車を売ってとりあえず間に合わそうと思うことがあるはずです。

しかしこんな場合、所得税はどうなるのでしょうか。

せっかく現金を手に入れても、次の年の所得税がかかってしまっては売った甲斐も無いような気がします。

自家用車を売った場合所得税はかかるものなのでしょうか。

ひと言で言えば、特定の場合を除いてはかかりません。

売却したのですから収入になるはずですし、一時所得として税金がかかりそうに思えますが、基本的にはかからないのです。

と言いますのも、この自家用車などの車の場合は通常、生活動産と呼ばれる分類だからです。

この生活動産を売却することによって得た収益は、営業などで得た収益とは同様な扱いをされません。

したがって非課税と言う事になるのです。

つまり確定申告も必要無いと言う事になります。

しかしここでも例外がありますので注意しましょう。

と言いますのも、特定の場合この自家用車の売却金額に譲渡所得が発生することがるのです。

と言いますのも、普通車の売却によって得る収入と言うのは、購入金額に取得費用を足した金額を上回ることが無いとされています。

どころか大抵の場合、大幅に下回ります。

しかしこれが上回った場合、差額には譲渡所得として課税される可能性があると言う事です。

年間の特別控除額は50万ですので、売却金額が購入金額プラス取得費用をこれ以上上回った場合は、譲渡所得として課税対象になります。

もし、購入金額とか取得費用など記憶になく不安になった場合は、最寄りの税務署や税理士などに相談するといいでしょう。