中古車を売却する理由は人それぞれですが、何らかの理由で早く売却代金を手にしたいという方もいます。

中には多少中古車売却価格が下がってもいいからすぐ現金がもらえる業者に買い取りを依頼したい、という人もいますが中古車売却から入金までにはどのくらいの日数がかかるのでしょうか?

売却契約だけなら即日成立可能だが支払いは別

中古車の売却は売約契約だけなら即日で成立します。

スピード査定してくれる中古車買取店に売りたい車を持ち込めば1時間程度で査定は終了し、金額に納得がいけば契約書にサインをして中古車売却契約が成立します。

査定額に不満なら別の業者に持ち込んでも問題なく、納得がいく査定が出るまで数件の中古車買取店を回っても1日で中古車の売却契約を結ぶのは難しい話ではありません。

問題なのは入金日です。

中古車買取りは契約は即日で成立しても即金で買取金が支払われるわけではありません。

業者側の手続きを終えて査定金額が入金されるまでには時間がかかるため、即日売却を掲げる中古車店でもその日のうちに買取金を受け取れることはなく、契約成立から入金までにはある程度時間がかかるのが一般的です。

スピード査定だからと言ってその日のうちに現金を手にできるわけではないので注意してください。

最短2日、平均3~5日、長いと10日以上かかることも

中古車売却成立から入金までには最短2日、平均3~5日、長いと10日以上かかります。

中古車売却は数十万~数百万円のお金が動きますが、そのような大金を常に現金で店舗に用意している業者はほとんどありません。

契約成立後とに入金手続きをする関係上、最短でも2日はかかってしまいます。

日数は営業日で数えるため土日祝日を挟むとさらに入金はずれ込みます。

平均では3~5日程度で入金されますが、長く待たされるケースでは10日以上かかることもあります。

すぐにお金が必要な場合は業者にそのことを申し出て入金を急いでもらいましょう。

即金払いは無理でもなるべく早く入金するよう動いてくれます。

早期入金を中古車買取りの条件として交渉するのもいいでしょう。

ただし、売却を焦ると本来の価値よりも低い査定額で契約してしまうリスクも生じます。

あまり待たされるのは問題ですが、高く売りたいのならある程度入金スケジュールに余裕を持たせて中古車売却計画を立ててください。